光治療で一時的に濃くなるそばかす

普段はファンデーションでカバーしているものの、顔中に広がるそばかすは悩みの種でした。
大阪の美容外科の治療で、シミやそばかすにも効果的なフォトフェイシャルを紹介されて受けることにしたものの、知識不足で失敗したことがあります。結論から言うと数回の施術でそばかすはだんだん薄くはなってきたものの、軽いダウンタイムがある事を知りませんでした。美容外科での医療機器を使用した治療はエステの延長のような気がしていたので、光治療を受けたらその週は特に肌のコンディションが良いもの、肌のそばかすもすぐに消えると思い込んでいたのが間違いです。クリニックでの施術はあっという間で、洗顔後にジェルを全顔に塗り10分ほど照射をして終わり、肌が腫れたり出血することもありません。その週にイベントの参加があったのですが、顔のそばかすが濃く浮いてきてしまったのです。ペンシルとリキッドのダブルでのコンシーラーと、リキッドファンデーションにパウダーで隠したものの、光治療後にマイクロクラストが浮いてきてびっくりしました。その後数回を受けましたが、フォトフェイシャルを受けたら1週間はお呼ばれやイベント参加は控えるようにしています。そばかすが一時的に濃くなってしまう、マイクロクラストのシミですが、1週間くらいでとれました。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る